レバレッジを制する者はFXを制する!?

FXが人気を集めて数年が経ちましたが未だに人気ですよね。書店に行けばFX関連本は目立つ場所に置いてあります。FXが人気の理由はいくつかあるかと思います。FXは眠らない市場なんて言われてる通り24時間取引が出来ることも人気の理由でしょうし為替の変動の少ないことから株と比べてリスクが少ないところもあるでしょう。また大きな魅力として少ない資金で大きな利益を狙える事があります。所謂レバレッジですね。日本語でてこと言います。小さい力で大きい力「を生み出す奴ですね。学校で習った記憶があるかと思います。レバレッジは取引の際、証拠金として自分のお金を預け(担保みたいなものですかね)、少ない資本金でも大きいお金を動かすことが可能なんです。例えば資金に10万円を用意したとします。これにレバレッジをかけます。ある意味バイナリーオプション必勝法とも言えますが、例えば10倍をかければ100万円として取り扱う事が可能です。1ドル100円だったものが円安で120円になったとしましょう。レバレッジをかけなければ為替の差額で120000円-100000円=20000円つまり2万円の利益になります。しかし10倍のレバレッジをかけてますから2万円×10で20万円の利益になるわけです。すごいですね。しかし逆に考えたら非常にリスクが伴うわけです。もしレバレッジをかけていなければ2万円で済んだ損額がレバレッジをかけたことにより20万円の損失になるわけです。もろ刃の刃ですね。当たればでかいレバレッジ制度ではありますが為替変動はどう動くかは初心者にはわかりづらいと思います。もしレバレッジをかけたいのなら最初は2倍か3倍かで抑えるのがいいかもしれません。もしFXになれてレバレッジを上手に扱うことができるようになれば相当でかい利益が見込めそうです。ただハイリスクハイリターンである事は決して忘れてはいけません。強い味方ではありますが扱い方を間違えたらえらいことに。FXのリスクを話題にしたら間違いなくレバレッジを挙げる人は多いでしょう。利益を出し続けるのは難しいのです。

SNSでもご購読できます。